2020/06/04 Thu 晴 測量よ今日もありがとう

ジベを作るのに、空き2リットルペットボトルを用います。
それに2リットルだけ水を入れて、粉ジベを投入。シャッフルするのです。
しかし、空き2リットルペットボトルは、どこまで入れると2リットルなのでしょうか。
適当に入れてもよさそうな気がしますが、つい計量カップなどで測ってしまうのが人の性(さが)。
しかし、畑で計量カップに水を入れて、2リットルが正確に測れるのか。
屋内ではなく、畑である。答えは、否。水平環境がないのだ。
というわけで、私は今まで計量カップの両サイドの目盛りを見比べながら
「私は水平・・・私は水平・・・」
と水平を生み出さんと苦慮しておりました。
でもようやく今日、ふと思いました。
圃場の隅にぶっ刺さっている『岡山県』標識。
緻密を愛する測量の方々がぶっ刺したからには、水平であるに違いない。
なんで、その上に水をなみなみと注いだ計量カップを置いたら、見事に水平でありました。
有難う~。でももっと早く気付きたかった。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

2020/06/02 Tue 晴 癒し

いきなりの猛暑襲来でヘロヘロです。
そんな我らを癒してくれるのは、励ましてくれるのは、「動物」と夫は言います。
うちの犬sはもちろんですが、作業場に愛の巣を育もうとしているらしいツバメ。
隣の田んぼから、グワッグワッ言いながら飛び立って行った鴨。
毎日遭遇するトカゲさん、カエルさん。ハウスに出没するヒヨドリ。
皆、我々を癒し、応援してくれていると思おうではありませんか( ゚∀゚)ノ
そういえば、ハウスのネットに穴が開いていたと夫が発見。
イノシシの応援はいらないのですが・・・。

2020/06/01 Mon 曇 ときたらパイナップル

ジベ期を迎え、我々フルスロットルで頑張っております。
我々はともかく、来ていただいているパートさんにも無理をお願いしている状態です。有難うございます。
夫と、妖精さん(パートさん)にはハードワークしていただいて申し訳ない、と話していたら。
「これじゃ、妖精じゃなくて、傭兵だね」
と、シャレにならぬことを申す次第。
もちろん、“妖精さん”と呼んでいるのは、疲れた靴屋が寝ている間に小人が出て来て靴をつくってくれた、という故事に基づくものです。
傭兵だなんて思ったことないのに、今の状況ではしっくりしてしまう・・・。
来年は、もっと気楽に働いていただける環境を整備してお迎えしたいと痛感しています。

2020/05/31 Sun 雨 黄泉がえり

一番遅い露地瀬戸で誘引作業は終了です。
今日やっと、終えることができましたが、最後の最後で折ってしまった・・・。
そういえば、やっちまった枝をもとあった状態に固定して「元に戻るかも」と祈る夫でしたが、先日そうしたシャインの枝が甦ったと嬉しそうに見せてくれました。
スゴイ、戻るものなんだ・・・私、潔く投げ捨てすぎてたかも。いや、なんか呪文唱えた系じゃなくて?
夫の渾身の技ですが、しかし先日ジベした時に折った花穂には効かなかったようです。
ジベ後の様子を確認していたら、ジベクリップから先が萎びた花穂を発見。
またいつもの措置をやったんだな、と了解。この状態の花穂、毎年見かけます。

2020/05/30 Sat 晴 ツバメ日記

昨朝、設置を決意したばかりのツバメの巣。
ふと夕方見上げると、形になっているような・・・。
でも小さすぎやしないかな、まだ拡張するのだろうか、よく分かりません。
でも基礎はバッチリなようで、多分雌が中に入って、巣を突いて確認しているようでした。
転居はまだのようですが、本気で引っ越してくるっぽい・・・。
夫は彼らに名前を付けようと言って、「太郎と花子でいっか」と惨いネーミング力を披露していました。

今日、サイドレスハウスを中心としたジベ処理を行いました。

2020/05/29 Fri 晴 はじめての

昨夜、風呂に入ろうとして、腹部に赤いぼっちとその周辺がうっすら腫れているのに気付きました。
血豆かと思って、とりあえずこのぼっちを取ろうと爪で押したのですが、中々取れません。
渾身の力でなんとか押し出して、なんだろうと間近で見ると、ダニでした。
まさか、『マ』の付くダニでは・・・打ち震えたまま翌朝を迎える。
そして今日、地元の人に話したら、まずマダニだろうと。
マダニ、そこらに居るそうです。私、すごーくマレに出てくる生物なのかと思い込んでいました。
噛まれちゃったー。
NETで調べて、多分頭部かなんかを残さないで取れていると思うのでそこのところは置いておいても、SFTSとか大丈夫かな・・・。
でも病院行く暇ないので、怯えつつやり過ごす。

とうとうツバメさんが、うちの作業場に新居を建築する決意を固めたようです。
出入り口のすぐ上部の屋根内側の板壁に、朝から泥やなんやら盛んに運んでは付着させています。
日の沈むギリギリまで作業に勤しんでいました。見習いたいです。

2020/05/28 Thu 晴 トリアージ

うちは圃場が分散しているため、どこが初めに来るのか、即ち花穂整形に備えておかねばならないのか常に見定めておく必要があります。
私は作業に集中して、夫が各所確認してトリアージする役割です。
トリアージ。災害時などで患者の手当の緊急度に従って優先順位を付けること。
到底私の人生に疎遠なこの言葉を覚えてしまったのは、農業新聞の4コマ漫画・『ゴリパパ一家』のお陰です。
神保あつし先生のこの漫画、新聞の4コマ漫画界史上、際立って面白いと毎朝絶賛しきりです。すごく好き。
先日、“ヤキトリの味付けを選択するような単語”として漫画上で紹介されていて、すっかり身に沁みてしまったこの言葉。
まさか使う機会が訪れるとは思ってもみませんでした。