2019/09/16 Mon 晴 ハギにとりつかれる

ほんの一瞬草むらに入り込んだら、一斉にひっつき虫に付着されてしまいました。
ズボンの繊維にも問題があったのかもしれません、模様と思わんばかり、ズボン一面にヌスビトハギの種子が引っ付いて剥がれません。
こんな足では人前に出られないよ-と、手の空いた時に夫に泣きついて、一緒に取ってもらいました。
コロコロで取れないかと試したのですが、てんで役に立ちません。
夫がふと気付いて、ズボンの後ろやシャツにも付いているのではと指摘したらその通り。作業が増えた-。
NETで検索して、今の状態ではウェットティッシュで取るのが最善と悟りそうしたのですが、それでも大量なため手間ばかりかかります。
結局、着替えました。
この種子、洗濯しても落ちないのは経験から知っています・・・NET情報では、天日干しにすると取れやすくなるそうなので、さっそく洗濯して干しています。
兄犬がよくこの種子を付けてしまうのですが、彼の気持ちが痛いほどよく分かりました。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

2019/09/15 Sun 晴 絶品餃子

夫の母と弟が、作業を手伝いに来てくれました。
お昼に、お気に入りの美作のラーメン屋“”に行き「美味しいんだよ~」と勧めながら注文すると。
義母が餃子も注文してくれました。
いつもラーメンのことで一杯一杯で、サイドメニューなど考えたこともなかったのですが、この餃子がまた美味しかった☆
小籠包のように、皮の中に肉汁が詰まっているのです・・・。
夢のようです・・・。そう言えば、ちゃんとした小籠包を久しく食しておりません。
ぶどう以外の、美味しいものをゆっくり食べたいよ-!

2019/09/13 Fri 晴 楽園ごっこ

夜に仕事をしていると、夫はよく弱音を吐きます。不平とも言う。
そんな彼を慰めるため、または奮い立たせるため、私は『××の楽園ごっこ』をするのです。
まずテーマソング。そしてナレーション。
「ここ岡山県勝央町で就農5年目の夫さん、今日も夜なべでお仕事です・・・。就農して、いかがでしたか?
 『いやぁ、想像以上ですよ。日の出から深夜まで、妻と仲良く仕事三昧。圃場の朝焼けを眺めながら啜るコーヒーはたまりませんね!』
 疲れたり、しませんか?
 『自分の選んだ道ですよ、疲れるものですか! 毎日の仕事が楽しくって仕方ありませんよ♪』
 でも、身体がしんどいでしょう?
 『身体は老いるとも心は少年! ぶどうの為に果てるのなら本望ですよ☆』」

効果は全く表れず、逆にみるみる哀しそうな顔をになるので、先に寝かせてあげたりもします。
まぁ、休み休み、頑張っています。

2019/09/11 Wed 晴のち雨 本当に恐ろしいのは・・・

ぶどうの選果に疲れて、気分転換に昨日仕掛けたスズメバチトラップを冷やかしに行ったら、すごいことになっていました。
既にそこそこの数のスズメバチがトラップ内で溺死しているようです。
依然、イチジク樹周辺をたむろするスズメバチも居るものの、これまでより明らかに激減しています。
代わりにイチジク樹を謳歌しているのは、蛾なのですが、この蛾もトラップが気になるようで、トラップの入口に張り付いているものの穴が小さいため入れずもたついています。

恐るべし、スズメバチトラップ。

そんなスズメバチトラップの成果を確認しようと近寄ると、中で蠢くスズメバチが目に入ったので、怖くて近寄れませんでした。
でも、本当に怖いのは、こんな恐怖のスズメバチホイホイを発明した人類なのでしょうね・・・。

2019/09/10 Tue 晴のち雨 スズメバチトラップを作ってみた

今年もイチジク樹で悪の饗宴が催されています。
ぶどうが忙しくなるとイチジクに構っていられず、樹上で熟させてしまうのです。
それを、昆虫や蛾や、そしてスズメバチがフィーバーと言わんばかりに溜まり場にして集っている。
これが見るからに、悪の饗宴。こうなると、もう怖くて近づけません。
正直、夕方になったらスズメバチも帰巣するだろうからそしたら熟イチジクを落として平和を取り戻す計画だったのですが、ヤツら、真っ暗になるまで帰りません。

夫が近くのぶどう農家仲間からスズメバチトラップの存在を聞いてきて、作ってみればと話していたのですが。
今朝、その方がわざわざうちにトラップとなるペットボトルを作って持ってきてくれたのです。有難うございます。
そこで、中身は自前で用意して、さっそくイチジク樹の近くにぶら下げてきました。
それが昼下がりくらい。
夕方、見に行くと、まだ一匹も引っ掛かっていませんでした。でも、長い目で見ています。期待しています。

2019/09/08 Sun 晴 ぶどう祭りにて

今年は夫がぶどう祭りに出てくれました。
祭りにて、子供に「おじさん、眉毛太いね」と言われたそうです。
子供って、正直だな-。でも、夫は少し傷ついています。

2019/09/07 Sat 晴 崩壊土砂対策

Iハウスの横の土砂が徐々に崩壊しているのが、昨夏の豪雨以来の悩みの種でした。
豪雨の時の崩れはそれによるものだったのですが、最近の崩れはイノシシが掘り返したことによるものだそうです。
原因がなんであれ、崩壊はやがてハウスにも及ぶことになるので、防護壁を築かなければなりません。
近くのハウスの農家さんが設置された防護壁がステキだったので、業者を教えてもらってお願いしていたのが出来上がりました!
結構なお値段がかかったのですが、こればかりはさすがに自分達では出来ないので。それでも私は結構渋ったのですが・・・。
出来上がりを拝見してその思いは消え去りました! すごくキレイでしっかりされています☆
しかも、杭を打ったあたりは“なめら”という、えらい固い土質が広がっていて、非常に難儀なのだそう。これは自分はムリだわ・・・。
とりあえずここの悩みは解決しました。でもまだ悩みの種は幾つかあるのです。出て行くばかりだなー。