2021/02/25 Thu 晴のち曇 ビニール張り序章

今年はKハウスのビニールを全て交換します。
サイドレスだけど、元桃ハウスで大きいので、巻上げも入れて全部で15枚。
また、この機会に防鳥ネットも1枚張り替えます。
今日は、この防鳥ネットの敷設です。
秋に全てのビニールと該当部の防鳥ネットは剥がしてあるので、足かせがなく、逆に今が一番ハウスに登り易い。
なのでそんなに怖くないけど、怖さを忘れるのが一番怖いので、怖いのだよと自分に言い聞かせます。
作業は快調に終了しましたが、例によってあまりしない姿勢を保ったので、明日以降訪れる筋肉痛が怖いです・・・。



にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

2021/02/23 Tue 曇 鹿のお尻は白い

夫の野生動物盗撮動画を見ていて、映っている鹿のお尻が白くて変わってる、みたいに言うと。
「鹿のお尻は白いものだ」と指摘されました。
私は奈良市市民だった過去があります。よって、鹿に詳しい(ハズ)。
アパートから図書館に自転車で行く途中、鹿公園に寄ったりしました。日々、鹿と触れ合っていたのに。
そんな基本的なことも知りませんでした~(ノ≧ڡ≦)
集団で逃げる時、前を行く鹿を見失わないように、見やすい白にしているのだそうです。
そういえばうちの妹犬のお尻も少し白いです。


2021/02/22 Mon 晴 ヌーの一族

最近の日課は、夕方、ヌートリアの居る池の傍を通ると都合よくヌーの一族が陸で懇談中なので、近寄って水中に逃げられ地団太を踏むことです。
今日は、少し賢くなって、ヌー一族の溜まり場手前で車を停めて、ソロリソロリで近付く予定が気付かれてしまいました。
近寄るより前に、相次いで水中にわらわら逃げ込むので、破れかぶれで叫びながら水辺へ走り出したのですが、全然間に合いませんでした。
一匹など、悔しがる私を嘲笑うように、届きそうで届かない程度の距離に遊泳しつつ留まり、明らかにこちらを窺っているのです!! 超悔しい!!
夫曰く、「噛まれたり、爪でヤられたりしたら大変なので、手で捕獲しようとしないように」とのことですが、ちっちゃいカピバラみたいなネズミの癖に、生意気すぎるので、掴みかかっちゃうかも!!


2021/02/21 Sun 晴そして暑い 夏日

2月なのにまさかの20℃越え。
一日の温度差、20℃の恐ろしい天気に夫は恨み節なので砂漠よりマシと慰めています。
よりによってこんな日に、私はサイドレスとはいえ結構暑いIハウスで、夫は修繕のため直射日光が眩しいハウス上での作業です。
どちらも暑い。
なので、途中で今年初アイスを買いに走りました。生き返りました。
なのに、夜はまだストーブを点けています。狂ってる。


2021/02/20 Sat 晴 キツネとシェア畑

猪と鹿以外の狩猟可能期間は終わったので、小動物に関しては撤収しています。
見ていないトレイルカメラを確認していたら、先週の深夜の映像にまたキツネが映っていました。
これは、黒土圃場ですが、以前キツネを撮影した場所とは違うエリアのカメラです。
あまり反応がないので、望み薄になり半ば放っておいたのですが、一画像にだけしっかり映っていました。
またキツネか。
夏の、圃場荒らしの正体を掴もうと仕掛けているのですが、映るのはキツネばっかりです。
樹に登るから、イタチかアナグマかと予想しているのですが、まさかホントにキツネじゃないだろうね?
でも実際、この圃場で目撃したことがある小動物も、キツネか猫だけなのですよね・・・。
今年の夏は、カメラ頑張って、害獣の真の正体かキツネの木登りシーンを録画したいと思っています。


2021/02/19 Fri 晴 野菜恋しやホゥヤレホ

Iハウスに久しぶりに行きました。
しばらくプラプラしてふと見ると、秋に植えた野菜がそれなりに大きくなっていたのに気付き声を上げてしまいました。
秋と言っても、11月目前くらいと遅くて、ダメモトで種を撒いたのです。
案の定、年末になっても小さいまま。1月の極寒時まで追いましたが、寒さに萎れていたので、もう終わったと諦めて念頭から消し去ってしまっていました。
そんな野菜達が、遠くから見ても分かるくらいにモサっと成長していたのでいかに歓喜ばかりか。
諦めてゴメンね、親がいなくとも子は育つとはこういうことか・・・としばし感傷に浸りました。
でも、作業の邪魔になるので、すぐ全部撤収。
さっそく明朝から、我らの食料になります。

2012/02/18 Thu 曇ときどき小雪 うどん界に彗星現る

もう開店して一年以上経つ、美作のセルフうどん屋・一弦に行ってきました。
何故これほどまで訪問が遅れたかというと、色々あるけれど詰まるところ、セルフうどんは丸亀でいいじゃないか、という気持ちが根底にあるのかもしれません。
無駄に冒険して失敗したくない・・・もう50だし。若い時には決して見られなかった心持ちです。
けどなんか弾みで、今日お昼ちょっと前くらいに入店しました。
サイド(天ぷらとかおにぎりとか)の安さにちょっと胸が躍る。けど、値段より味だよと自分に言い聞かせて。
私セレクトは、ぶっかけ(並・温)、玉子天ぷら、いなり。
仕度を終えて席に着く頃には、正午を回ったのでしょう、カウンターには列が発生していました。
広くない店内なので、悠々座れるタイミングで助かった・・・と安堵しつつうどんからいただいたのですが。
うどんもぶっかけの汁も、よくあるセルフのと違います。
うどんは腰がコシコシしていないけどたよりなくもない、むしろ端の平べったい部分に当たるとラッキー的な滑らかで烏合するようなそれでも主張を捨てていない麺です。つまり、旨い。
一方汁は、塩っ気が強くないため甘さを覚えますが、本当には甘くない、そして食事が甘いのはあまり嬉しくない私のはずなのに前述のうどんとのハーモニーが絶妙で舌が高らかに歓喜しています。
「美味しい」
と、思わず口からこぼれるのを禁じ得ませんでした。旨い!
サイドも悪くない、値段以上の仕事をしています。
が、しかし、うどんです。うどん。美味しいのです!!
こんな旨いうどんを、うどん見知りで一年以上も放っておいたかと思うと、自分の愚かさが悔やまれてなりません。
これは、今までの分を取り返すべく、通わないと。
あと、購入時に気付いたのが、うどんを「並」でなく「大」で注文される方が多かったです。
確かに、「並」だと物足りない感じがします。美味しさ故一気食いしてしまったからか?
次回は「大」かなとも思ったのですが、腹八分くらいが良いお年頃なので、これでいいかなとも思いました。
少ない店員さんで回してらっしゃるので、ピーク時を避けて行くのが良さそうです。明日も行っちゃおうかな♪