2024/06/12 Wed 晴 夏の始まり

昨日から異常に暑くなりました。夏が始まったのです。
我々、屋外労働者にはしんどい季節になりました。
犬sも帰って来てグッタリです。これはいつもだけど。
ふとちゃぶ台越しの夫を見ると、いつの間に出したのか扇風機を並べています。
扇風機・・・いやでも、夫の横に一台と背後にもう一台、うちにある扇風機二台とも出していて夫を取り巻いているのだが。
明日も暑くなるようです・・・ ⎝。⌓°⎞

宜しければクリックお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

2024/06/11 Tue 晴 なんのための洗濯バサミか

瀬戸の1回目ジベその2をしました。
その1とはジベクリップの色を変えます。今回は、その1ピンク、その2オレンジでした。
終わって、ふと妖精さんの作業エプロンを見ると、エプロンの入り口にピンクのジベクリップを挟んでいます。
それが何を意味するのか、ジベラーなら分かるはず。そうか、その手があったのかと私は戦慄すら覚えました。
その2ジベをしていると、その1ジベしたのに枯れた花穂や、なにかの事情で折れた花穂に遭遇します。
そういう時は、そのダメになった花穂は切って捨てて、使わなくなったピンクのジベクリップを回収するのですが。
私はこれまで10年間、その回収ジベクリップはエプロンの中にインサートしていました。
すると、今回使用中のオレンジジベクリップが大量に入っているわけですから、それらと混ざり合ってしまい、オレンジジベクリップを取り出すつもりがピンクジベクリップをチョイスしてしまい悪態を付きつつまたエプロンに戻す・・・という事を幾たびか繰り返すハメになるのです。
彼女はそれを避けるため、せっかく洗濯バサミの形をしているのですから回収したジベクリップをエプロンに挟んで今回の作業の物と混ざらないようにしたのです。スゴい!
うわー・さっそく次回はそれやろう! と言いたいのですが、その2ジベは今年はこれでお仕舞です。
来年まで覚えておかなければ・・・。

2024/06/10 Mon 晴 〆は大事

ジベが間もなく、今週中には終わります。
まぁ、一番遅い瀬戸の二回目ジベが際立って遅いのでそれは除くけれど、あとひと踏ん張り。
もちろんその後には粒間引きという一大事業がありますが、ジベ様の絶対感には敵わないと思う。
昔、安全性の厳しさから納期を延ばし延ばしにするのが傍から見て慣例っぽくなりつつある職場にいた時、上司群がわざわざ訪問した発注先様と会議室で向かい合っているビミョーな雰囲気の光景が今でも時折思い出されるのですが、粒間引きは言わばアレです。
苦しいけど、ホント苦しいけど土下座すれば多少は融通利く。
ジベは無理。出エジプト中のイスラエル族に対する神の絶対感に近いものがあります。(逆らったらヤられる)
でも粒間引きも納期ギリギリな仕事です。
今日妖精さんに「この畑はいつまで?」と訊かれて、確かにソコんとこクリアにしとかなくちゃなと気付かされました。締めは大事です。

2024/06/09 Sun 曇ときどき雨 ヒトのクシャミを笑うな

圃場で一人作業していたら、なんとも味わいあるクシャミ音が聞こえました。
うふふと思っちゃったけど、私のクシャミ音の方が物凄いかもね。しかも多い。
結構クシャミが出やすい体質なのか、困っています。一日最低20回はします。
周りに人が居る時は頑張って『へくち(๑˃ ⌑︎ ˂๑)』みたいにしていますが、一人か夫だけだと『ブクッシャーヽ(>◁< )/』な感じです。
でも市井で油断して『ブクッシャーヽ(>◁< )/』が出る時もあり、私も笑われているのでしょう・・・。

2024/06/08 Sat 晴のち曇のち雨 レッド・ジベレリン(赤くないけど言いたいだけ)

ジベ処理も峠を越えました。
来週は、毎日どこかでジベレリン、みたいなことにはなりません。
今年はこのジベ時期、雨が少なくて本当に助かりました。毎年こうだと嬉しいけれど。
ジベレリン(植物ホルモンの一種)はもともと日本人研究者が戦前に発見したものだそうです。
先人の偉業に感謝しつつ作業したいものですが、それどころじゃない感じでやっています。
余ったジベ液を、もったいないのでそこらへんのトマトとかに撒いてあげるのですが、特に効果とか無いと思うので、トマト的には「いらないよ」と思っているかもしれません・・・。

2024/06/07 Fri 晴 救い

夕方、私が帰る準備をしだした頃、夫は散歩代わりに犬sを畑に放ちました。
車にカバンなど運んでいたら、それを見た兄犬が
「置いて行かれる!」
とばかりに畑から(老犬だから)ヨタヨタと駆け出してきました。
置いていくわけなかろうに・・・。
その後、いくら説いても大好きな畑に戻ろうとせず、車の周りをプラプラするばかり。
毎日毎日畑仕事ばかりで疲れますが、小さな癒しに救われています。

2024/06/06 Thu 曇 天才現る

ジベ処理した花穂にジベクリップを付けます。
今年は作業の都合上、ジベクリップを外す時に外さず、目印のためもう一つジベクリップを付けることになりました。でも、ほんの一時的な処理に過ぎません。
ということを妖精さんにお伝えすると、納得くださる。
しばらくして様子を見に行ったら、コレコレ、と言われました。
どうせすぐ2つともジベクリップを外すのだったら、外しやすいように、2つのクリップを同じ方向で上下に揃えて付けた方が良いですか?
初め、何を言っているのか分かりませんでした。
クリップを外す仕草を見せてもらって、ようやく意味が分かる。
2つのクリップを外すのに、一つ一つ外すのではなく、一つまみで2クリップまとめて外すことができるよう、あらかじめ上下および方向もそろえて付けた方がいいのではと訊いているのです。
そんなこと、考えたこともなかったよ・・・。
彼女が2つ目のクリップを付ける時にさして手間でないようなので、ではそのように、と適当に応えておいたのですが。
実際に私が外す段になって痛感しました。
コレ、ものすごく外しやすい。
目っ茶戦慄しました。先の先を読むって、こういう事を言うのだと震撼した。
恐るべしジベクリップ使い魔よ・・・。

宜しければクリックお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

2024/06/05 Wed 晴 ドントルックバック

黒土ベースから豊久田の畑まで車で10分強、山を越えます。
途中、使用する道具をちゃんと持ってきたかなと、後部座席を振り返りたい衝動に駆られることも。
しかし信号のないノンストップの山道、危険を顧みずに確認することなどできません。
欲望の赴くまま後ろを振り返ったならそれこそ、ロトの妻、ギリシャ神話のオルフェウス、黄泉を訪れたイザナギのように取り返しのつかないことになってしまうかも。
なので振り返らず現地に着いてから後部座席を確認すると、案の定使用する道具を持ってきていないことが判明することが結構な割合であったりします。
ちなみに、今行っているジベレリン処理では、花穂の見落としを防ぐため、振り返り振り返りしながら進んでいます。
でも人生は振り返っちゃいけない。

2024/06/04 Tue 晴か曇 虫の日だけど鳥三昧

畑の近くの田んぼに白鷺が飛来していました♪
よくある光景だけど、私がスマホを構えても逃げませんでした! これはすごいレア☆
さすがに近寄ったら飛んでいってしまいましたが(ゴメン)、また戻って来て、今度は鴨夫婦もご同伴でした♪
帰り道、車で轢きそうになったのは雉の雌。
チョンチョンと尾を上げながら横切る様が、たまらない~(でも避けて)
黒土圃場ではいつものようにツバメが飛び交い、鳥ってホント可愛いなー。この季節サイコー!

2024/06/03 Mon 晴 異変

夫の、目の周りがやや赤く染まっていました。腫れてはいません。こんなこと初めてです。
虫、ではなさそう。かつてムカデにまぶたを射された私が推察する。
日焼け? そんな繊細な皮ではありません。50半ばのアレルギー初め? なんだろう・・・。
ふと見ると、いつも首に掛けているタオルで目の周囲を拭いています。
「それだ!」
なんか分からないけど、タオルに悪いモノが付着してそれで目の周りを拭いた結果かぶれたっぽくなったのでしょう。
「ムヒでも塗っとく?」
と訊くと、親の仇のように激高しました。親切心だったのに・・・。
だけど妖精さん達誰も、そのことに気付きませんでした。お岩呼ばわりされるかと危惧していたのですが、気になる程ヒドくないということでしょう。良かったです。
それでも多忙なこの季節、少しの体の異変も気になります。やはり、寝ている間にこっそりムヒを塗っておいたほうが良いかもしれません・・・。

2024/06/02 Sun 晴 草刈り考

町内の清掃活動(≒草刈り)があるため、私は遅れて畑に出勤しました。
清掃活動と言ってもここのは名ばかりで、今日も30分弱行いましたがもっと短い時もありました。
しかし、この時期の地域活動は必ずしも私にとってウェルカムなシーズンではありません。
今日もうちの状況を察するジェントルマンに、開始15分くらいで「ここはいいからもう畑に行きなさい」と言っていただきました。(感謝してご辞退しましたが)
そういえば、勝央町の畑のある辺りの清掃活動(=草刈り)は一か月後の7月だなーと思い出し、なんで時期が違うのだろうと考えて思ったのですが、畑の辺りの地域の方は超農繁期を心持ち避けたのではないか。
一方、我々の自宅はフツーの住宅街なので、フツーに生い茂ってきた辺りに活動を入れているのではないか。
真相は不明ですが、(住宅街では)特殊な仕事のせいでご近所さんに気を遣っていただいたりして申し訳ないです。

2024/05/31 Fri 雨のち曇 狂乱の季節

最近、うちの畑からカエルが姿を消しつつあります・・・。さみしい( ◢д◣)
周囲の田んぼに続々水が入りつつあるので、そちらに転居されたようで。
今日も近隣の田んぼ方面から機械音が聞こえてきたので、フルパワー仲間よと思っていたら、やたらサギが美しくない声を上げて飛び回っていました。
サギのテンションもアゲアゲなのでしょう。農繁期真っただ中です。

2024/05/30 Thu 晴 荒地のともだち

近寄ると逃げるヘビは普通のヘビで、逃げないヘビはマムシです。マムシは危険。
先日、畑の横の荒地でヘビがカエルを食べる瞬間を目撃した夫。
今日また荒地の側を通った時に、ヘビに遭遇したそうです。
しかしそのヘビ、逃げなかったのだそうだ。
当然「マムシじゃないの」と訊くと、外観から絶対マムシじゃないそうです。
「こないだ見た、カエルを食べていたヘビじゃないかと思う」
らしいのだけど、もしそうだとしても何故逃げないのか。
食べている所を見られたから、もう夫とはツーカーの仲ということにヘビ的には思っているということなのか。
それもまた分からない話です。

2024/05/29 Wed 晴 不思議な昼寝

午前中の作業を終えお昼を食べた後、休憩所で軽く仮眠します。
ほんの30分ばかり、日によっては15分くらいのことも。
会社勤めの時も、お昼休みの後半に寝ていたりするじゃないですか、それと一緒です。
違うのは、兄犬に添い寝してもらえること。幸せホルモン出まくりです(∗˃̶ ᵕ ˂̶∗)
そして、何故か分かりませんが、このシチュエーションで昼寝をすると、ほんの短時間の睡眠でも世紀が変わるくらい長く眠っていたような錯覚と共に目が覚めることが多いのです。
起きて、眠る前の状況が完全頭から消え去っているくらいなのに、まだ10分しか経っていないと驚くこともあります。
親バカですが、兄犬パワーではないかと思っています・・・。国家機密級の重要ダックスです。
売れっ子です

2024/05/28 Tue 豪雨のち曇 星座で一番

朝のラジオで星座ランキングを読み上げていて、私の星座が一位でした。
すごく珍しい。確率論からはもっとあるはずですが、一年に三回くらいの感覚。イイ日になるのかな。
散々な一日でした。
主に大雨。酷かった。警報が出ないから大丈夫と思ってはいけないと悟れたのは吉報か。
昼食後の昼寝で大きく寝過ごしました。夫も起こしてくれればいいのに。優しさを現わしてもらって良かったのか。
買物に出て黒土圃場に戻る時、何故か豊久田方面に向かってしまい時間ロス。途中、可愛い白トイプーを大事に抱っこするおじいちゃんを目撃して和めたので結果オーライか。
あらためて、占いなんて信じるものではありません・・・。

2024/05/27 Mon 雨のち曇 初ムレ

仕事開始しばらくの朝は少し雨だったので、カッパやヤッケを着て作業していました。
その内止んだのですが、どうせまた降って来ると思いそのままに。
つい先日までだったら、着ていても暖かくて快適だったのですが、とうとうムレる時期になったようです。
休憩の時に、雨再来の危機を物ともせず私も妖精さんも脱ぎました。
「蚊に刺されないから着たままでいい」という妖精さんもおりまして、カッパの新しい可能性を感じました。

2024/05/26 Sun 晴 幸せの青い壁

例年にならってそろそろツバメさんがうちの作業場の周りをウロウロしだしてもいい頃なのに、さっぱり姿を見せないのでどうしたのかと訝しんでいました。
壁を青に塗ってしまったのが過ちだったのかと疑ってもいました。
ここ2,3日、畑の周囲を飛び回っている小鳥がツバメだと気付いたのが昨日。
今日はいよいよ、作業場のドアを開け放してボーとしていたら、「お邪魔しま~す」的な感じで中に入って来ました。
ラウンドのごとく室内を一周飛んで出ていく、を2回して存在をアピール。
その後、作業場前の圃場の柵に留まって、しばらくこちらを見下ろしていました。
このふてぶてしさ、去年も飛来したツバメ達の一羽なのでしょうか。
作業場に巣を作ると過去の経験からも失敗するようなので、寄って姿を見せてくれるだけでいいわーと思います。
夫は、せっかく塗った壁を汚されたくないから巣は作らないでほしいそうです。ケチだ。

2024/05/25 Sat 晴 大切な水分

ちょっとフラついたりしたので、NETで調べたら軽い水不足のようでした。
日中は暑いけど時折涼しい風が過ぎていくので、そこまで水をガブ飲みしていなかったからかもしれません・・・。
夫が労わってくれたので、いつもより長くお昼休憩を取って犬と寝ていました。
水は、乾いていなくても飲もう٩( 'ω' )و
ちなみに兄犬は、やたら水を飲むように見せてただ口をゆすいでいるだけのようです。
なんのためにゆすぐかというと、ヒトの手を舐めるためなのです。舌の湿りが、年のせいか不足しているのね・・・。

2024/05/24 Fri 晴 陶器ガチャ

ぶどう棚が少し私には高いので、足踏台を使用しています。
軽いし、持ち運び易く快適なのですが、シーズン中5~6回は転びます(私だけ)。
今日も転んで、棚の柱に背中をぶつけてしまい痛かったです。
そんなズタボロの体を労わるため、近くの湯郷温泉鷺の湯に行きました。
円仁和尚が発見したという名高い温泉。身も心も癒されます。近くにこんな素敵スポットがあって幸せ~
ロビーに珍しいガチャがあって、これはヤル期だ! と確信し、ガチャりました。
ガチャ、結構好きです。見るだけでも楽しいし、今回のようにこれぞと感じたら躊躇いなく硬貨投入。
アヒルさんの「はしおき」が出ました~♪ カワイイ☆
湯郷にある陶芸屋さんによるガチャらしいです。次回来た時も、ガチャってみよう(*ฅ́˘ฅ̀*)

2024/05/23 Thu 晴か曇 カラスも狙う鮮紅の宝石

びっくりグミが熟れだしたので、収穫して食卓に出してみました。
明らかに真っ赤に熟れている実は、最近まったく縁の無いさくらんぼを彷彿とさせる味です。美味しい!
こんなに、さくらんぼ様に匹敵するくらい美味しいのに、どうして地味な扱いなのとも思うのですが。
種がやたら大きいのですよね・・・。あと、たまに苦みを感じることがある。でも私は気にしない! 美味しいです。
カラスも狙っているらしいので、そこまで売れてない朱色程度のものも採ってしまいました。
赤くなりきってない実は、案の定酸味が強いです。
私は酸っぱい味も好きなので堪能できたのですが、夫は「酸っぱいからいいや」と少しだけ。
やはりちゃんと赤くなってから食べた方が、喜びはより強いです。次は選りすぐって収穫します。

2024/05/22 Wed 晴か曇 アレアレ

帰宅した私を出迎えたのは、役所からのなんか書類でした。
あぁこれ、去年分からないから放っておいたら「ダメじゃん」みたいな通知が来て驚いて速攻駆け付けたアレかも。
と、みっちり読んでみたのですが。
分からない。(バカでごめん)
去年のアレだとは思うのですが、そもそも去年もどれか分からず駆け付けて対処してもらったので、正確な形式を知らぬまま救ってもらったのです。
すごく分からない。NETで調べればいいのでしょうが、調べなければ分からない事だらけの仕組みの社会ってもうイヤ。複雑なポイント制度を念頭に置いた買物ももうイヤ。iDeCoと新NISAと金取引のどれがイチバンお得? みたいな多様な選択肢で自己責任煽られるのももうイヤ。
単純にしてー
もしくはAIかなと思いつつ、仕方ないのでNETで調べるのでしょうね。また検索結果が山ほど出てきてどれを選ぶかも自己責任という名の運なのでしょうけどね・・・

2024/05/21 Tue 晴 私の夫はよい夫

日中の暑さときたら。ところで、とうとうぶどうの花が咲き始めました。
午後、私は豊久田の畑へ。夫は資材の買物後に黒土の畑で作業と分かれて行動していました。
夕方に戻ってくると、ゴミ箱にアイスの空き袋が。
暑さと誘惑に耐えかねた夫が、ひとり買い食いしたようです。
 私の夫はよい夫
 間食したら 太るよと
 身を持って 知らせてくれる
 私の夫は良い夫 (以上、『わたしの人形はよい人形』で)

2024/05/20 Mon 晴 飛翔

ぶどう畑で作業中、妖精さんに「カエルが居て作業できない~」と呼ばれました。
すると! ありがちに葉の上とかでなく、棚線か誘引線かの上に綱渡りのように掴まり立ちのカエルさん。激レアです!!
何かを訴える妖精さんを押し止めて、スマホを取り出しいざ撮らんとすると。
一瞬遅く、カエルさんは隣のぶどう葉に飛び移ってしまいました・・・。あーあ。
「激レアだったのに・・・」
としょげていると
「もう少し早く呼べば良かったですね」
と自分を責める罪なき妖精さん。
そんなことないよごめんねと慌ててとりなすと、カエル居て作業できないんで葉の上のカエルどけてくださいとあっさり返されました。
なんで、つまんで隣のぶどう列に移動してあげると、つまむ側からゲーという顔をされました。
まぁ正直私も、触るのにはやや抵抗があります。(手袋したけど)

2024/05/19 Sun 曇 コーディネートはおまかせ

昨日とは打って変わって、今日は肌寒い日でした。特に夕方の寒さはつらく。
ふと夫を見ると冬物の作業服を着ているのですが、上下の色が違います。
違うよ、と注意すると、知ってるけど寒いからそんなのどうでもいいとのこと。
もう5月なので、作業着は薄手の物を中心に持ってきているため、冬物は残念ながら色の合わない物同士しかないのでしょう。
上は普通のよくある薄いグレーですが、下のズボンはうす紫なので、てんで噛み合わなくてすごく変としか言いようがありません。
作業中、ふと夫の姿が視界に入ると、変だなぁとしみじみ思ってしまうのを繰り返していました。
まぁ私も、寒いからヤッケを着込んで妙な恰好ではあるのですが。

2024/05/18 Sat 晴 シャイロック

圃場の休憩所に泊まり込む夫に「パソコン持ってきて」と言われ自宅からお持ちしたのですが。
「電源が無い」
と言われてしまいました。
サービスでマウスは持って行ったのだけどね。
パソコンバッグにも入れていってあげたのだけどね。
パソコンは持って行きました。あと、充電があったのでとりあえずなんとかなったそうです。

2024/05/17 Fri 晴 花を愛でる

デラウェアの花がほんの少しですが咲いているのを見つけました。去年とほぼ同時期。
一つだけたくさん咲いている房を発見して写真を撮ったのですが、それを見て線香花火みたいだなと気付きました。
あぁだから私、ぶどうの花が好きなんだと合点。
来週あたりから他のぶどうの花も咲き始めます。
その頃には、花がカワイイなんて言っていられない状態になるのです・・・。

2024/05/16 Thu 曇とか雨とか晴とか大荒れで強風 寒かった

今日の天気は、全種もりだくさんでした。意外に雷が無かったのはホント有難かった。
気温はそこまで低くなかったのかもですが、風がえらい大荒れで寒さが身に沁みました。
妖精さんが働いてくれる午前中はまだマシでしたが、夕方に一人で作業していると辛抱ならぬ寒さ。
ウインドブレーカーを羽織った上に割烹着を着ていたのですが、更にヤッケを装着してみました。雨も降って来たし。
おかしな格好になったと自分でも思いましたが、もういつもの事だし、快適に勝るものはナシ٩( °ꇴ °)۶
一転して明日はメチャ暑いらしいです。なんなのよ・・・

2024/05/15 Wed 晴 プレゼント

昨年初冬の大雪でハウス2棟が損壊を受けました。
うち一棟は農済の保険に入っていたので、保険金が下りまして復旧の足しになりたいへん助かりました。ありがとうございます。
そのハウスも修復が終わりビニールも張り終わったということで、再度契約という運びに。
事務手続きを終えたところで、農済さんが手土産を下さいました。
手拭いです。(それも2枚)
手拭い、大好きです。そういえば以前もいただいたことがあります。タオルの時もあるけど。
わーありがとーと歓待したのですが、冷静に考えると保険に入って間もなくでお支払いってどうよという状況なのに2枚も下さるとはなんて太っ腹な。
農済さん、ありがとうございます。ハウスを大事にして末永く保険金を掛け続けます!

2024/05/14 Tue 晴 労働のご褒美

毎日いっしょうけんめい働いております。
あぁでも、まだ追い詰められる状況まで達してはいない。ごめん、ホントはまだ不充分です。
そんな私に、この時期特有のご褒美があります。
ワラビではありません。あっても、もう忙しくて調理できない。
この時期いつも畑の周囲に茂る雑草エリアから、清楚で甘青い芳香が漂ってくるのです。
あんまり首が痛むので、今年初めて雑草エリアに出向いて正体を確かめてみました。
芳香の正体は。ノイバラでした。
バラです。どうりで、あの優美な香りであることよ。
実は腹下し的な効能があるそうなので、胃腸の弱い私は食べないほうが良さそうです。

2024/05/13 Mon 晴 首痛解禁

私は今までずっと、肩が凝ったことがありません。
でも首はたまーに痛むことがありますが、ごくたまです。
そのたまが、久々にというか、キョーレツに来ました。
よくぶどう作業は首が痛くなると言いますが、この体質なので「そんなでもないよー」と語っていましたが。
そんなこと、ありました。首の痛み、解禁。
首って痛むものなのねー、年のせいなのかしら。この先、やってけるかしら。
よく来て下さる妖精さんに「首の痛みって慣れたら無くなるの」と聞いたら「初めの年はアレだけど翌年はそうでもない」と言ってくれましたが。
年単位でしか軽減しないのかい。いよいよの時は、シップを貼ろう・・・。

2024/05/12 Sun 曇のち雨 人生の教訓

意外に忙しくてホムセに行けず石鹸を切らしてしまったので、かなり昔(さすがに岡山以降)に買って匂い付けとして衣装ケースの奥に眠らせていたハーブ石鹸を招集しました。
私は風呂は、ボディソープでなく石鹸派です。それも、フツーの白いだけの石鹸。シンプルでないと不安になる。
しかしやむを得ず下したハーブ石鹸。
すごくイイではないですか・・・ちゃんと泡立つし。香りがイイし。
すっかり魅了されてしまいました。まぁコスト面から次はまたフツーの白石鹸に戻るけど。
と言うか、物は用途に従って使わないといけないなと実感しました。
石鹸はハーブが入っていようが、仕舞い込むのではなく石鹸として使われるのが幸せなのだと。
仕舞い込んでいる物、勿体ながらず生きている間に使って行こうとちょっと思いました。難しいけど。

2024/05/11 Sat 晴 完全防備

デラウェアゾーン周囲に夫が網と上空にテグスを設置してくれました。
これで、鳥害対策完璧です。
同じエリアにブラックベリーを別の場所から去年移設していて、今年は文字通り大きく花開いています。
沢山の白い花を付けるので嬉しくなったのでしょう、助かりました。
今年もたくさんジャムを作ろう・・・(∗˃̶ ᵕ ˂̶∗)

2024/05/10 Fri 晴 デラのジベ

デラウェアのジベ一回目をしました。
デラは趣味で一本を私個人でしているので、先日から摘穂や葉の整理を隙間時間でして、今日の夕方に少なめに残した花穂にジベを漬けながら摘心をしたのです。
ジベ適期は、デラはうちの大粒ぶどう達より格段に早いので、次のベリーAすらも10日以上先です。
ぶどうの花穂や花は、地味で変な形だけど本当に愛らしいので、年を取って毎日主要な時間を中村吉右衛門の鬼平犯科帳のDVD鑑賞に費やすのみになった暁(憧れの晩年)でも、庭の片隅で育てたいなぁと思わせられてしまいます。
見上げる葉に500円玉くらいの影があると、それは日光浴中のカエルさんです。

2024/05/08 Wed 晴ときどき曇 自然の風景

今年は少しぶどうの生育が早いので、意外にもう忙しいです。
疲れた午後にふと空を見上げると、遠く上方で雲がゆっくり動いているのが荘厳でいつもながら見入ってしまいます。
遥か彼方の壮大な存在を感じられることだけで、ここで農業をやっている真価があると痛感します。
小さい生き物の動きを見ている時も、そうです。長く人工的な物の中で生活してきた自分の半生こそがオモチャのように感じられます。
兄犬も同感なのか、よく圃場を歩かせろと老体を物ともせず要求してきます。
今日はちょっと小走りになりました。よろけやしないか、焦ってしまいました。

2024/05/07 Tue 晴ときどき曇 写真を撮るクセ

夫とIハウスに向かう途中、夫が
「Iハウスのすぐ外側に鹿のフンがあったよ。それも2ヶ所」
と教えてくれました。
フーン。まあ、Iハウスの周囲環境を思えば不思議ではありません。
でもせっかく教えてくれたので、到着後わざわざハウスの外側敷地を少し奥まった場所まで歩いて、写真を撮っておいたのですが。
こんな物を撮ってどうしろと。と我に返りました、今。
でも結構な量だったので、高揚して夫が教えたくなったのもなんとなく分かります。
私も、この写真を何故か削除できません。世間には公開できないけれど。

2024/05/06 Mon 雨 農繁期直前至福を求めて

雨だけど、外作業できない程の雨ではありましたが、溜まっていた事務作業を農繁期直前に仕上げていました。(夫も)
しばらく遊べないので夫が「お昼食べに行きたい」というのもきいてあげることに。
インドレストラン・ムルリに行って来ました。たまにリピする、お気に入りです。
行くたびに、我ら同じものしか頼みません。
待っている間、次回は違う物を頼もうかなとメニューを物色していたのですが、結局いつものに落ち着いてしまいました。
変化を厭う気質が高くなってきたのでしょうか・・・。
これではイカんと思いつつも、ムルリでいつものは外さない至福の時なのです。

2024/05/05 Sun 晴 疲れた夫とそれでも厳しい私

順調に生育を進めるぶどうさん。今のところ、去年より少し早い感じです。
久々の全力仕事なので、夫が毎日バテています。夕食後、コタツで寝落ちする。
コタツはまだ出しています。何故なら、まだ朝晩が寒い! 凄まじい寒暖差なのです。あと留守番の時兄犬が入って寝ている(暗くて寝やすいらしい)。
寝るのは構わないのですが、布団を敷いてくれていないことが多々。
布団敷きは数少ない夫のできる家事の一つです。家事労働奉仕の権利を奪うわけにはいきません。
というわけで、私と犬sもコタツで寝ます。
というか、一人暮らしの時は学生時代からずっと冬はコタツで寝ていたので苦ではありません。むしろ本懐。
だけど夫は律儀に途中で起きて、布団を敷いて私と犬sを引っ張って入れてくれます。
でも午前3時くらいだったら、もうそのままコタツでいいのにと毎度思います。ところで今日も、コタツ寝の予覚がします・・・。

2024/05/03 Fri 晴 出番

一日暑くてグッタリしたせいか、洗い物をしようとしてお茶碗を割ってしまいました。
2つセットの片割れです、岡山に来て間もなく買った物。
これからの季節、ケガや体調不良の恐れもあるので、前もって茶碗が代替してくれたのだと解釈することに。ありがとう。
ところで明日からは、別の2つセットのお茶碗を使います。
前述のペア茶碗を購入した翌週くらいに、たまたまペア茶碗をいただいてしまっていたのです。
立て続けにペア茶碗が到来して戸惑ったものですが、今のもいつか壊れるだろうからとその時まで奥に仕舞っておいたのが、とうとう出番となりました。
でも正直、そろそろ食器はプラスチックにしたいのですがね。まだ早いかもと思いつつ、軽い方が良くないですか。

2024/05/02 Thu 晴 ××前の今頃

すごく後ろ向きなニンゲンなので、幼き頃から『××前の今頃』を思い返すのが癖でした。
学生時代の9月には「先月の今頃は夏休みでウヒョー♪」とか、働くようになってからは「×年前の今頃は、うきうきキャンパスライフを送っていた・・・」とか、楽しいことを振り返る例が多いですが、まんべんなく使用します。
今日も連休という事で(連休は振り返りやすい)、『10年前』をプレイバック。
夫と犬sと夫の母(付き添い)とで、移住先模索のため兵庫県西部~岡山県巡行の真っ最中でした。
まさに10年前の今日見た佐用町の物件を手付金の段取りをするほど惚れ込んだものの、一週間後にはダブルブッキング&実は抵当に入っていたという衝撃の事実が発覚し持ち込んだ営業をクビにするとの報告を受けた事件がありました。
色々あった、まぁそのお陰で今があるのですが。
10年前も今日も、年は経ったけれど犬sははち切れんばかりの喜びをあらわに自然を満喫しています。良かったなと思います。

2024/05/01 Wed 雨のち曇 カタストロフィーの後

夫が刈払機でNハウスの草刈りをしてくれました。ありがたい。
草刈り後、芽かきのため現地入り。スッキリして清々しいです。
「これで、カエルさん達も安心できる・・・」
と胸をなで下ろしていると
「草刈り中、カエルも何匹かヤっちゃった」
と悲しい報告が。少数の犠牲により多勢の平和が得られたのだと思うことに。
さっそく芽かきをしていると、枝と葉に紛れてバッタさんの姿が。
上に居ることもあるけれど、断然地上派のはず。さては、うちの進撃の巨人に恐れをなしてぶどう樹の上でプルプル震えているのでしょう。
ぶどう葉食べたらイヤだなーと思って追い出そうかと思いましたが、とりあえず放っておきました。

2024/04/30 Tue 雨のち曇 芽かき中

芽かきをやっています。野菜等での間引きに相当します。
私は、親がずっと家庭菜園をしていたので、一人暮らしを始めてからプランター菜園をしたかったのですが、“植木鉢のチューリップに虫が付く→外に放置して枯らす”事件があって以降諦めていました。
夫と一緒になって市民農園で畑を始められて、色々するようになったのですが、園芸本や『やさいの時間』で当たり前に進行する“間引き”がよく分かりませんでした。
当時、同じくほぼビギナーの家庭菜園仲間も「間引き、難しくない?」と言っていたので、多分アルアルなのかと思います。
芽かきをするとそのことを思い出すのですが、今では逆に、何が難しかったのかよく分かりません。
また、今では多少の虫は大丈夫ですが、やっぱ気持ちイイものでないのは分かる。・・・でもチューリップを見殺しにした過去の所業はひどかったなぁと反省しています。

2024/04/29 Mon 曇のち雨 カエルさんの空中庭園

やり残し作業があったのでまたNハウスに登ったら、またオンザハウスでカエルさんを発見。
何故ヒトも登りたがらないハウスの樋の上にわざわざ登ってくるのでしょうか。
ヘビ対策なんだろうな・・・。
草刈をサボっているので、余計にヘビが怖いのでしょう。
彼らの良き生活環境維持のためにも、早急に草刈りしようと思いました。

2024/04/28 Sun 晴 作業場ペンキ塗り

先日から、作業場のペンキ塗りをしていて、今日でとりあえず一段落。
ペンキを塗るのは、もちろん剥げてきたという見た目の理由もあるのですが、シロアリ対策の意味もあるので必需です。
数年前に塗った時は初期状態と同じく木目色にしたのですが、今回は涼しげに青と、ドアを赤にしました。
ペンキを塗る時は汚れないよう、カッパでも着ようかと話していたのですが、暑いし、よく考えたら多少は汚れても構わないから普通に手袋だけして作業しましたが。
帽子だけは忘れずに被りました。
ちょっと奥まった所など塗る時、ペンキのことを忘れて屈めた頭をつい戻したら別の面のペンキに当たってしまったことがあり、帽子してて良かった~と痛感しましたよ。
ペンキ塗り、上手でないけど達成感があって楽しい作業です♪ 自宅の外壁もトライしてみようかな・・・。

2024/04/27 Sat 曇のち晴 あなたに似た樹

ぶどう以外の樹などがある、第3畑の草刈りをしました。
崖沿いに植えているイチジクの根元を刈りながら、ふと崖斜面の下の方から生えている名もなき樹が視界に入り、目を見張りました。
多分、桑の樹なのです。未熟な緑の実がなっていて、毎日楽しみに見ているあの実と同じなのです。
桑の樹は数年前にわざわざ購入して、自分で植えていました。
第3畑の真ん中くらいに、今ではそこそこ大きくなって、今年も実を付け始めていてくれています。
その実と同じなので、気付きました。こんな所に桑の樹があるなんて、全然気付かなかった。もっと主張してくれればいいのに。
自分で植えること、なかったかも・・・

2024/04/26 Fri 曇 黒々茶の語るもの

出先でいただいたお茶が、この地域名産の黒々茶。
割と遭遇する率があるのですが、私はあまり飲まないで持って帰る派です。そして他地域の人が来たら「名産です」と飲ます。
でも今日は、昨日の熱中症が残っているのか喉が渇くので、久々に飲みました。
黒豆のお茶です。普通のお茶とちょっと違う味、草系でない、燻したマメの風味を楽しめます。
黒々茶LOVEの知人もいるので、好きな人は確実にハマります。ロングセラーなので、ファンも多いのでしょう。
しかし、このお茶を初めて飲んだ10年程前からずっと抱いている疑問ですが、効能はなんなのか。気になって、また飲みながら気持ちが乱れてしまいました。
健康そうなのは間違いないはずですが、そこは自分でググれということなのか。
でも確かに、コーヒーを飲むけれど効能など気にもしません。
美味しいものは美味しい、うんちくなどいらない、それだけでいいと黒々茶は教えてくれるのです・・・。

2024/04/25 Thu 晴 熱中症はじめ

軽い熱中症になりました。今年初です。
毎年、3月末から今くらいの時期になりがちですが、今回はいつもよりちょい重かった。
頭痛とだるさ、はいつも通りなのですが、それがやや重くて、休憩所で30分ばかり寝るハメに。
犬sも来ていて、兄犬が心配そうに私の顔を覗き込んでくれていました。優しい。
尤もそのうちトイレに行きたくなって、私の頭を容赦なくガリガリしだしたのですが。
あまりに辛いので、いいのか分からないけどバファリンを飲んで抑えましたが、その後夜になってもだるさは収まらず。
麦茶をガブ飲みはしていたのだけど、それだけじゃダメで、もうポカリでないといけない時期なのですねー。
あと、首ひんやりグッズも明日から用意しようと反省しました。
夫は黙って、夕食は自分で完全カレーメシ作って済ませてくれました。ありがとう、夫。そして、日清。

2024/04/24 Wed 雨 腎臓と私

雨なので事務作業を片付けようとしたら、市役所から郵便物が届きました。
『昨年度の健康診断の結果がイマイチなので病院行った方がいいんじゃない?』のお知らせ。
知ってます。診断後の内診時にお医者さんに
「腎臓の値がわずかに良くないので塩分気を付けてね~」
と言われてその程度かと安心しつつも調べたらガイドライン的には黄信号だったので、ひたすら塩分注意していたのに。
「そんなに気になるなら病院行ったら?」と夫が勧めるのも、医者的には「気を付けてね~」だから翌年の健康診断で平気なんだろーという認識にしていたのに。
市が煽ってきました。
なので即落ちして、行って来ました。
今度のお医者さんもやはり「他に所見もないから、診断時にたまたま悪い値が出ちゃったのでは」的な受け取めで、とりあえず再検査してみることに。
4ヶ月塩分を控えた私の血液検査結果はというと。過去3年間の中で一番良い値でしたよ!
もちろん、ガイドライン的にも問題ナシ! 生まれ変わったわ、私・・・。
でも腎臓は悪くなったら回復しない臓器。これを契機に塩分気にして生きていきます。
しかし、塩分摂取量6g/1日(理想)はキツいよ・・・。

2024/04/23 Tue 雨か曇 つぎ当てをする

日中、降っていない時間が結構あったので、外作業をしていました。
夫は夫でなんかやってて、私は宿願の露地隅ビニール張りを地味にやってました。
“露地隅ビニール張り”とは!
露地ビニールを張ったものの、なんらかの理由で片方の端がつんつるてんになってしまった個所に、40センチ程度に短くビニールを切って埋め張る作業です。
例年、新品のビニールを張る時は、切断ポイントの目測が甘く短く切ってしまったため発生します。まぁ全体の1割弱程度でそんなに多くありません。
しかし今年は去年のお古ビニールを使っています。
だから、去年の時点で足りなかったビニール以外はピッタンコなはずですが。
何故か拡大して、全体の8割程度で寸足らずが発生。ビニールって縮むのね。
台風の少ない年しかビニールは持ち越せませんが、もしもに備えてこれからは新品ビニールを張る時はちょっと長めにしておこうと話し合ったのですが、来年以降覚えていられるだろうか・・・。